Cake Shop Clara

お知らせ;残念ながら2010年10月をもってケーキショップClaraは閉店しました。こちらには在りし日のケーキショップの様子を掲載しています。


私たちクララを愛好する者のバイブル「真実なる女性 クララ・シューマン」の著者で、
1946年5月20日、クララの亡くなった日(1896年5月20日)から丁度50年目の日に
わずか36才の若さで亡くなられた原田光子さん。
その原田光子さんの甥の方が経営されているとても素敵なお店が、
東京都渋谷区松濤にあるケーキショップ「Clara」です。

地方在住のために仲々訪問出来ない私に代わって、「Oboe少女茉菜の姉」ことクラリスト23号さんと「Oboe少女茉菜の母」ことクラリスト21号さんが2001年夏に行ってきてくれました。
おふたりのお話では、ケーキは他のお店では売っていないようなとても重厚で美味しいもので、コーヒーも紅茶も香り高く、大感激だったそうです。お店のマスターは、口ひげをたくわえられたシックな男性で、お話の中にケーキに対する哲学を感じましたとの事です。

私も2002年1月に訪問出来ました。原田光子さんの妹さんの汀子さん、お店のご主人であり汀子さんのご子息の直文さん、そして直文さんの奥様と充実したひとときを過ごすことが出来ました。汀子さんに無理をお願いして、生前の原田光子さんのお写真も拝見しましたので、汀子さんのご了解の下でここに掲載しました。(その後2003年8月にも再訪し、原田さんのお写真を前回よりもまともなデジタルカメラで撮影しましたので、新たに撮影した写真に差し替えています)

お店への道順ですが、渋谷ハチ公前から109の右側の道を進み、東急本店の所のY字路は左手方向に歩きます。その進行右手側、松濤美術館よりも手前のマンションの一階にあります。みなさん是非一度「Clara」を訪れてみてください。


 
お店はタイル張りのマンションの一階にあります。


入り口にある「Clara」のサインボードです。


お店の入り口です。


ショーケースには自家製のケーキやお菓子が並べられています。ここで注文してお店の中で食べる事が出来ます。
ケーキ、お菓子、チョコレート、私は全て食べてみましたが、どれも他では得難い芳醇な味わいです。
※この写真を撮影したのが夕刻なので、ケーキが少ししか写っていませんが、普段はもっと沢山あります。


店内はこの写真を撮っているカメラマンの後方にL字型に拡がっています。


お店の一番奥のテーブルからの眺め。ウィンドウにはClaraの文字。


お店の一番奥にある絵です。そこにはブラームスの名が、、



洋菓子店「クララ」
東京都渋谷区松濤1丁目26−4−101



Claraを訪れた方のコメント
本日、娘と2人で「Clara」に行って参りました。 
あ〜、Claraのキッシュ…なんと表現したら良いのでしょう。他のお店のキッシュはもう食べられません。もう1つと言いたいところでしたが、ケーキも食べたいし、我慢致しました。でも、私の舌は諦めきれないと言っております…。
次回はクロックムッシュの予定です。オムレツもあるし、
Claraの楽しみは、ケーキ、コーヒー、アールグレイ、チョコレート等デザートだけではありません。軽いお食事も他では味わえない喜び!!!
是非ともご賞味あれ!!!!
2002.2.4 クラリスト21号さん
メンデルスゾーンの誕生日になる前ですが、本日 Clara のケーキを食べました。その美味しさはちょっと尋常ではなかったです。重厚で、濃厚で...極上のケーキとはこの事です。
チョコレートも食べました。口の中でとろけるようなクリーミーな舌触りが、何ともいえず...病みつきになりそう(笑)
2002.2.2 クラリスト1号
上記クラリスト21号さんのコメントにありますように、お店では軽食を戴く事も出来ます。
このキッシュはとてもリッチでまろやかな味でした。


原田光子さん。恐らく30才の頃
(写真をクリックすると、略歴のページに行きます)



トップページに戻る