ホームに戻る  写真集トップページに戻る

ローベルト&クララ・シューマンの墓
(2007年7月取材)
2007年7月1日(日曜日)、旧西ドイツの首都、ボンに眠るクララとローベルトのお墓を9年ぶりに訪れました。前回はドイツ在住の人にクルマで連れて行ってもらったのですが、今回は電車でボンに赴き、ひとりで訪問しました。墓地は9年ぶりとは思えぬほどに何も変わっていなくて、前回の訪問がつい先日かのようでした。

墓の前に来て、私はクララに声を掛けました。

「Hello again, Clara!」(やあ、クララ、また来たよ!)」


シューマン夫妻のお墓は、ボン中央駅から西に500mほどの所にあります。
ボン中央駅の駅舎です。他の中央駅と比べるととても小さい駅で、プラットホームは5つぐらいしかありません。これは北側の出口です。バスターミナルはこの写真の左手100mぐらいの所にあります。
駅から線路沿いに西に歩くと、数分で墓地が見えてきます。この写真の右手の森が墓地です。
墓地のAlter Friedhofの南側入り口です。
墓地に踏み入れると直ぐにこの案内板があります(写真をクリックすると大きな画像で細部を確認出来ます)。クララとローベルトのお墓は71番で青い矢印を付けた場所にあります。ちなみに6番はベートーベンの母の墓です。墓地の入り口は南と北の2ヶ所にあります。
ふたりのお墓に着くと、朝日が真正面からお墓を照らし、私を歓迎しているようでした。
栄光に満ち溢れるかのように朝日に照らされたローベルト。丸い掘り込み部の影の出方から、私が到着した時に太陽が丁度真正面にあった事が分るかと思います。ちなみにこの日の天気予報は曇り後雨で、私が泊まっていたデュッセルドルフの朝は雨でした。

さて、写真を撮るなら影が出ず、光の回る曇り空の方が良いので、天の光り輝く人(クララ)に頼んで曇り空にしてもらいました(本当です(笑))。頼んだら数十秒で曇り空になりましたので、フラットな光でお墓の全体像をパチリ。
お墓の中も回りもゴミ一つ無く、雑草も生えておらず、とても綺麗にメインテナンスされています。
お墓の前の墓標です。手前の植物が9年前とは違って随分と大きくなり、墓標の下部が見えなくなりました。ローベルトとクララの誕生日(星マークが付いています)と亡くなった日(十字架が付いています)が金文字で刻まれています。
このお墓の建立を示す記述。このお墓は「シューマン記念碑」としてクララ存命中の1880年5月2日に完成し、翌日の5月3日11時30分に除幕式が行われています。
ローベルトを守る2人の音楽の天使たち。左の天使のヴァイオリンの弓が無くなっていました。中央の写真は1998年の物です。この写真を撮っていたら、お墓を管理する人がやって来てドイツ語で何かを説明していました。英語でお願いするとカタコト英語で、誰かがお土産に持っていってしまったので、新しい弓を作っているとの事でした。
ローベルトを見上げる音楽の女神 Muse。これはクララだと思います。クララはローベルト亡きあとで正に夫の音楽を支え広める為にその生涯を捧げました。
この像はMuseに相応しく(?)、ギリシャ神話的な顔立ちをしています。クララがこの墓に入る事は自明だったので、クララに似せて作っても良かったのでは?と思いますが、存命中のクララはそれを許さなかったでしょうね。
ローベルトの顔のアップです。薄いレリーフの様な彫像ながら、顔の反対側まで掘られています。殆ど気付きませんが、丸い掘り込みの内側にもROB. SCHUMANNの文字が刻まれています。
ここから北側出口の方向に歩きながら写真を撮りました。まずはお墓の周りの雰囲気を写した一枚。
周りのお墓の墓石もそれなりに趣き深い物ばかりですが、シューマン夫妻のモニュメントはひときわ美しく際立っています。
お墓の中心部にある墓地付属の教会です。赤い矢印の部分にシューマン夫妻のお墓が見えています。
これがBornheimer Strasseに面した北側の入り口です。

ホームに戻る  写真集トップページに戻る